music&art
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Drop's イントロを鳴らす前から、作品の世界に完全に入り込んだ再現ライブ


メジャー1stフルアルバム『DAWN SIGNALS』をリリースしたDrop'sが9月26日、その名のとおり音源をまるごと再現したライブをCD購入者にお披露目するという「『DAWN SIGNALS』完全再現ライブ」が札幌スピリチュアルラウンジで行われた。スピリチュアルは彼女たちがライブ活動を始めた当初から何度も出演している“古巣”とも呼べる場所。いつも満員の観客が愛すべき地元の若手バンドの晴れ舞台に胸躍らせるようなフレンドリーなムードが会場を温め、ここで演奏する5人も過度な力が入ることなくリラックスしているように見えていた。

けれど、この日はちょっと違った。「皆さん、こんばんは、今日は『DAWN SIGNALS』完全再現ライブへようこそ」。ステージに登場した中野ミホ(Vo.&G.)がそう言い放った瞬間、ピンとした空気がフロアを引き締めた。イントロを鳴らす前から、『RED IDENTITY BAND』の世界に完全に入り込んでいることがわかる。荒谷朋美(G.)のソリッドなギター、奥山レイカ(Dr.)の叩く重く力強いビートをはじめ、すべての楽器が生き生きと主張している。西部劇音楽のニュアンスを持った『荒野のビート』、勢いが加速する『JET SPARK』でつくづくと、メンバーひとりひとりの音がしっかりと固まってきたことがわかる。とりわけ各ソロパートのかっこ良さときたら! 会場の温度はみるみる上がっていく。



『STRANGE BIRD』では中野がマラカスを片手に歌詞に合わせた手振りをしながら、セクシーに歌う。初めてライブを観たときから思っていたけれど、ライブ中の中野ミホは女優のようだ。「皆さん、こんばんは、Drop's です。今日は子どもを見送るような気持ちでやってきました」と恥ずかしそうに控えめに話すMCの時とは別人のように、確信と自信に満ちて「この音楽に間違いはない」と全身で表現する。なぜ音楽をやっているのか、ステージに立つのか、それが彼女にとって必然なんだと思い知らずにいられないエネルギーに圧倒される。

そんな彼女のナイーブな一面が歌詞にもサウンドにも覗くメロウな『カルーセル・ワルツ』は、個人的に大好きな曲だ。後半で石橋わか乃(Key.)が弾くチェンバロのフレーズが胸を締め付ける。ブルージーな『木曜日の雨のブルース』がノルタルジックな空気を引き継ぎ、『DIRTY Smoke』では中野がハープ、タンバリンと楽器を持ち替え、荒谷のギターがほどよく歪んだいい音を出す。小田満美子(B.)のベースソロにもしびれた。

中野の「どうもありがとうございます。次はふたりの曲なので、一旦3人はいなくなります」という合図で荒谷、小田、奥山がステージからはけ、ステージに中野と石橋が残る。アコースティックギターと鍵盤のみで、むき出しの歌を伝える『やさしさ』。こういうシンプルな曲にも、きちんとDrop'sの色が広がりながら沁みていく。歪んだエレピの音が心地良い『カーテン』、中野と荒谷がギターバトルを見せた『夕やけ』と続き、間髪入れずにラストの『太陽』へ。迷いや怒りや寂しさや、いろんなものを全部包み込んで、ここに辿り着いた喜びと力強さ。その場にいた誰もが祝福し、祝福されているようなハッピーな空間が生まれていた。メンバーがステージを去ると自然にアンコールの手拍子が始まり、BGMが流れても止まらない。中野が出てきて「ありがとうございます。11月12日にワンマンやるので、またよかったら来てください」とはにかんだ笑顔を見せた。全11曲、終始凛とした姿勢を崩さずに『DAWN SIGNALS』を再現した5人。そこに表情やパフォーマンス、さりげないアレンジが加わったことで、まるで1本の映画を観るようなドラマを感じさせてくれた。ライブを観るたびに、着実に前へ進んでいる。だから何度でもライブハウスへ足を運びたくなってしまうのだ。


<セットリスト>
1.RED IDENTITY BAND
2.荒野のビート
3.JET SPARK
4.STRANGE BIRD
5.カルーセル・ワルツ
6.木曜日の雨のブルース
7.DIRTY Smoke
8.やさしさ
9.カーテン
10.夕やけ
11.太陽



¥2,600 KICS-1962
STANDING THERE, ROCKS/KING RECORDS


[札幌]DAWN SIGNALS (turned RED)

2013.11.12(Tue)
会場:COLONY(札幌市中央区南7条西4丁目 LC拾壱番館B1F)
OPEN 18:30 START 19:00
出演:Drop's
料金:adv. ¥2,000 day. ¥2,500 (1ドリンク¥500別途)
LAWSON TICKET:L-15657 ※整理番号付
問:COLONY 011-532-3329

[東京]DAWN SIGNALS (turned BLUE)

2013.12.14(Sat)
会場:渋谷CHELSEA HOTEL
*詳細は後日発表になります。

[大阪]DAWN SIGNALS (turned YELLOW)

2013.12.21(Sat)
会場:心斎橋DROP
*詳細は後日発表になります。





http://drops-official.com/